床は、壁とともに住宅の大切な部分です。
床下からの冷気や湿気の侵入を防ぐという重要な役割もあります。
十分な強度や耐震性はもとより、自然なぬくもりがあり、肌触りの良い質感があって、見た目にも落ち着いて安心できるなど、ハード・ソフト両面で高品質であることが、よい床の条件といえるでしょう。
床にはFPウレタン断熱床パネルが敷き込まれます。硬質ウレタンにより断熱パネルは重さによりたわんだり、たるみが出ることがほとんど無いため、断熱性が劣化する心配も少ないといえます。
また、徹底した気密施工を行っております。
断熱床パネルが敷き込み後に気密テープで隙間をふさぎ、床下からの冷気を抑えてたり、給排水管や電気配線の施行を行う際もパネルとの間に生じた隙間にウレタンを注入し、さらに気密テープを貼り、隙間を無くしています。
床の断熱は主に床下からの冷気・湿気を遮断するために施工されますが、同時に防音、構造の補強も行うことが理想的です。
また、給排水の配管等が集中するところでもあります。
構造財の傷みやダニやカビの発生を防ぐためにも、床下は常に通風を確保し、防湿が行われていなければなりません。
床下の通風を確保するために基礎部分には「内部換気孔」とよばれる空気の通り道をつくります。
「FPの家」では、基礎の外周部の換気孔はその間隔が4m以内と定められています。