今まで家の中でガスや灯油等を使っていたキッチン・暖房設備・お風呂の湯沸し機など、
住宅設備要のエネルギーのすべてを電気でまかなうこと、それが「オール電化」です。
災害は突然やってきます。しかしライフラインの中でも一番復旧が早いのが電気です。給湯が貯湯式の為、非常時にはタンク内の湯水を活用できます。
例えば、キッチンや暖房などを使用する場合のガスの燃焼に伴う空気の汚れや水蒸気の発生がないため、ダニやカビの原因となる結露が起きにくく、清潔な環境を保つことができます。
家族に地球にやさしい、オール電化の暮らし
安全・安心・クリーンな生活
火がないので火災の危険・火傷・不完全燃焼の心配が大幅に減り、お年寄りや小さなお子様がいる家でも安全です。また、燃焼ガスが発生しませんので、お部屋の空気はいつも清潔に保てます。
光熱費が安い
都市ガス・プロパンガスに比べ大幅な節約となります。夜間時間帯の安い深夜電力契約を使用することにより、電気温水器・ 蓄熱式暖房機は深夜に貯えたお湯や熱を利用しますので経済的です。
家と設備が長持ち
ガス器具に比べ約2倍の寿命を持つ電気温水器は高温での燃焼がないため、機器の寿命が長くなります。また燃焼しないので、室内の空気がクリーンに保たれ、家自体もいつまでも綺麗に保てます。
ヒートポンプとは?
「ヒートポンプ」とはその名の通り、空気中から「熱を組みあげるポンプ」です。わずかな電気の力で、無尽蔵の自然の中から熱エネルギーを集めて、生活に利用できるだけの大きな熱エネルギーに換えるのがヒートポンプシステムです。
この仕組みを利用してお湯をつくり、給湯機にお湯を貯めて使うエコキュートや、温水パネルや床下に設置したパイプを循環させるヒートポンプ温水暖房システムは少しの電力で効率よく多くの熱エネルギーが得られるので環境にも優しく省エネルギーです。
しかもCO2を大幅にカットできるので、地球温暖化防止にもつながります。
地中熱式ヒートポンプ
従来の給湯やエアコンに代表される空気式ヒートポンプにとって替わろうとしているのが地中熱式ヒートポンプです。地中熱式は外気の影響を受けないため、熱利用効率が四季を通して安定しています。また地中熱式は媒体として地下水を利用する為、空気よりも採熱効率が高いいことも大きなメリットです。そのため空気式より効率が優れているため電気代さらに安くすることも出来ます。
その素晴らしい効率の反面、掘削や設置に掛かる導入コストや運用面において一般的な普及にはまだ課題がありますが、それも技術的な部分から次第に改善されつつあり、
普及への道筋が見えてきています。
電化リフォームすると、暮らしはどう変わる?
クッキングヒーターにすれば・・・
火を使わないから、不完全燃焼もなく空気も汚れない。 子供から高齢者まで安全に使えて、しかも微妙な火加減のコントロールや切り忘れ防止など、安心サポート機能も充実しています。 お手入れも楽々、スペースも広々と使えます。
食器洗い乾燥機にすれば・・・
面倒な食事の後片付けも、食器をセットしてスタートボタンを押すだけでOK!! 高温のお湯で洗浄、温風で乾燥させるので、殺菌効果もありとっても衛生的。 手洗いに比べると使用する水の量も少なく経済的。お得な夜間電力を使えば、さらにお得です。
電気温水器にすれば・・・
夕飯の用意と家族の入浴。
台所とお風呂で同時に蛇口をひねっても、湯温も湯量も一定だから大助かりです。
浴室換気暖房乾燥機にすれば・・・
スイッチひとつで浴室が乾燥室に変身。 雨の日や深夜・早朝など天気や時間に関係なく洗濯物をすばやく乾かすので便利。 換気や暖房、涼風などの快適機能でカビの発生も防ぎます。 脱衣所の暖房もあわせて行う「浴室温風ユニット」もあります。
全自動洗濯乾燥機にすれば・・・
ハイパワーでまとめ洗いや大物洗いもラクラク。
天気や時間に関係なく、スイッチONで乾燥まで自動仕上げ。 夜にセットすれば、朝までふんわり仕上がっています。 ドラム式なら衣類を傷めず少ない水で洗い上げるので経済的です。
浴室床暖房にすれば・・・
浴室の洗い場の下に埋め込まれた電気ヒーターが、床全体をポカポカと暖めます。
冬場の足元の不快なヒンヤリ感もなく、お年寄りの入浴も快適・健康です。
蓄熱式電気暖房機にすれば・・・
火を使わないので、不完全燃焼や燃焼した時のガス・水蒸気が発生しないので、 最小限の換気で済み、空気を汚しません。 結露しにくいから、カビやダニの発生を抑える人にも家にもやさしい暖房です。
夜間の安い電気で蓄熱するので経済的です。
蓄熱式電気床暖房にすれば・・・
床面からのふく射熱と伝導熱で部屋全体を均一に暖めるので、人にもやさしい暖房です。
床下に設置するので、室内空間を広く使えます。
夜間の安い電気で蓄熱するので経済的です。
ヒートポンプ式エアコンにすれば・・・
空気中の熱をポンプのように汲みあげて、夏は室内から室外へ、冬は室外から室内へと熱を運ぶ冷暖房兼用タイプです。ヒーター部分に電気を通して熱をつくる方法に比べ、約3倍もの熱量を取り出せる優れものです。
ドライ機能や空気清浄機能を備えたタイプもあります。
熱交換型換気扇にすれば・・・
室内の汚れた空気と室外の新鮮な空気の熱交換をしながら給排気するもので、
エネルギーの損失が少なくて済む優れものです。